美容 読書

『ウィルパワーダイエット』ダイエットという自分との心理戦に勝つ方法

更新日:

ウィルパワーダイエット ダイエットという自分との心理戦に勝つ方法

ダイエットが失敗する1番の理由って何だと思いますか?

 

それはズバリ『続かないこと』です…!

どんなダイエット法でも続けることができれば絶対に痩せられるはずなんです。

わかってはいるけれど、どうしても痩せる前にやめちゃうんですよね……私のことです。

 

そんな私が先日読んだのが、メンタリストDaiGoさんの『ウィルパワーダイエット』です。なかなかよかった。

本書では専門的な栄養管理術や運動の仕方については一切かかれていません。とにかく『ダイエットを続けること』に焦点をあてています。

心理学の視点から、私たちのダイエットが続かない理由、そして続けるためのコツについてわかりやすく書かれていました。

「だから続けられなかったんだ…」「こうすればいいのか~」と目から鱗。

ということで今回は、『ウィルパワーダイエット~ダイエットという自分との心理戦に勝つ方法~』の要約・感想を書いていきたいと思います。

ウィルパワーダイエットとは?

女性の引き締まったウエスト

ウィルパワーダイエットとは、「ウィルパワー」を鍛えてダイエットを成功させよう!というものです。

ウィルパワーを日本語にすると「意志力」です。しかし、意志力っていうと「我慢」「根性」を思い浮かべますが、ウィルパワーは少し違う。

いうなれば「脳の筋力」。鍛えることができるのです。

あなたがダイエットという心理戦に負け続けているのは、あなたが選んだダイエット法が悪いわけではなく、ただダイエットを続けるために必要な、ウィルパワーが不足しているだけなのです。

 

つまりウィルパワーとはダイエットを続けるための脳の力。
たとえ面倒でもやるべきことを「やる力」。
誘惑があっても「やらない力」。
目標を思い出して実現しようとする「望む力」。
それがウィルパワーです。

この「ウィルパワー」の仕組みと鍛える方法、無駄に消費しない方法について書かれています。

ウィルパワーについて説明した図

(引用:ウィルパワーダイエット ~序 ダイエットした人の9割はむしろ太るという事実~)

本書の目次

  • 序 ダイエットした人の9割はむしろ太るという事実
  • 1章 ダイエットが成功する3つの心理条件
  • 2章 食心理学で「食べたい」を制する
  • 3章 ダイエットが続く、この心理学!
  • 4章 ダイエットを習慣化するための心理学
  • 5章 ウィルパワーを鍛えれば仕事も人間関係もうまくいく

ウィルパワーダイエット要約まとめ

読んでも実践しなきゃ意味がない!

ということで、ウィルパワーダイエットで実際に行動に移せそうなことと、ダイエットする時に常に頭に入れておきたい知識をまとめました。

全ては紹介しきれませんが、特に役立ちそうなことをいくつか挙げます。

我慢すると1.5倍食べたくなり、2倍食べてしまう

我慢すると食欲倍増するという悲しい事実…

急に食生活を激変させて、我慢の力で乗りきろうってのは無理な話。自分にできる範囲で、少しずつ変えていくのが重要。

 

初めの3ヶ月は体重計にのらない

3ヶ月というのは、食生活や運動が習慣化するために必要な期間です。

体重計にのって一喜一憂するのは、習慣化する時に邪魔にしかならないためやめた方がよいとのこと。

体重が減っていても増えいても、心理的にあまり良い影響はないようです。

 

初めの3ヶ月は運動をしない(ウィルパワーがつくまで)

ダイエットに運動は必要ですが、ウィルパワーがないうちにやっても挫折するのがオチ。

運動の習慣化に何度も失敗している人は、まずウィルパワーを鍛えることから始めよう。

初めの3ヶ月は無理な運動はしないで、目的地まで歩いたり、駅で階段を使うといった「無理せずできる」ことから。

 

食事は20%少な目に盛り付ける

人が食事をやめるきっかけは、満腹度ではなく、皿が空になったかどうかで決まる。

腹八分目ができないなら、最初から少な目に盛るとよい。30%以上減らすと見た目で気づいてしまい満足度が減るが、20%までなら自分でも気づかない。

 

100キロカロリーまでの食事制限に脳は気づかない

急なカロリー制限をすると脳が「飢餓」だと勘違いして、食欲が増すようになっています。

100キロカロリーは脳が「食べる量が足りない」と気づかない幅。まずは100キロカロリー減らしてみよう。

 

食べ物を遠ざけるだけで誘惑を感じにくくなる

誘惑に勝つには、正面からぶつからず、戦わないこと。それが必勝法。

とりあえず家にあるお菓子は、普段開けない棚の中にしまいましょう。

 

欲求を認めれば自分をコントロールできる

自分の中にある欲求を否定したり、見て見ぬ振りをすればするほど、その欲求に対して制御できなくなっていきます。

食べてはいけない!と思うほどに、余計食べてしまうといった具合に…

逆に「食べたい」という気持ちを受け入れると、食べるという行動に移しにくい、または食べてしまってもすぐに満足するため、たくさん食べずに済むそうです。

我慢しすぎると、禁じていたものを大量に食べてしまう…あるあるですね

欲求について解説した図

(引用:ウィルパワーダイエット ~1章 ダイエットが成功する3つの心理条件~)

他にも色々

  • 料理は小出しにせず一気に並べる
  • 食べ終わるまで皿を片付けない
  • 縦長のグラスで飲むと満足感UP
  • 「お徳用サイズ」を買うと太る
  • 「ヘルシー」なものを買うとついでに高カロリーなものを買いがち
  • 不幸なニュースを見るとたくさん食べてしまう

ウィルパワーを鍛える方法

鍛えている人

じゃあウィルパワーはどうやって鍛えられるのか?

これも色んな方法があるのですが、実践しやすいものをいくつか紹介します。

瞑想が一番効果的!

DaiGoさんイチオシが「瞑想」です。

瞑想すれば「やる力」「やらない力」「望む力」のすべてが発揮されるとのこと

他にも瞑想には色んな効果があります。まずは1日3分くらいから始めたい。

瞑想のやり方

(引用:ウィルパワーダイエット ~5章 ウィルパワーを鍛えれば仕事も人間関係もうまくいく~)

軽い有酸素運動

とある実験では、15分間ランニングマシンにのるだけで自制心が高まり、自分の欲求を抑えることができるようになったそうです。

ジムに行かなくても、スクワットを行ったりするだけでも効果があります。欲求が感じたときは、その場でスクワットをしてみるといいかもしれません。

 

欲望をレベル化する

欲求が生まれたら、それを観察し、その欲求を数値化します。

「このケーキ食べたいな、でも今すぐ食べたいわけではないし、食べたいレベル9くらいかな」といった具合に。保たれ続ける欲求はないので、少ししたらレベルが下がっていることに気づきます。

これを繰り返すとウィルパワーが強化されるとのこと。

ウィルパワーダイエットって効果あるの?

ダイエット法で気になるのは、実際に効果があるのかどうかですよね。

しかしウィルパワーダイエットに関しては、効果のあるなしではなく、やるかやらないかの話です。

「ウィルパワーダイエット」はダイエットが続かない人への処方箋

何度もダイエットに失敗してしまう人、それは「どうしてもダイエットが続けられない人」です。

ウィルパワーダイエットは、「こうしたらダイエットが続きやすくなるよ!」というコツのようなもの。
上で紹介した小さなことをコツコツ意識することで、今までよりもダイエットが続きやすくなるのは確かです。

お菓子を見えないところに置く、3分だけ瞑想してみる、体重計にのらないようにしてみる!

どうしてもダイエットを続けられない人は、短期間で痩せることはもう諦めて、遠回りでも続けられる方法を探っていくほうが確実ですね。私のことですが…

まとめ

ダイエットを続けるためには、ウィルパワーを鍛えて、以下の3つの力をつけるのが大切!

  • たとえ面倒でもやるべきことを「やる力」。
  • 誘惑があっても「やらない力」。
  • 目標を思い出して実現しようとする「望む力」。

まずは今夜3分だけ瞑想してみることから始めてみてはいかがでしょうか?

以上、メンタリストDaiGo『ウィルパワーダイエット』の要約・感想でした。

-美容, 読書

Copyright© モチミの手帖 , 2018 All Rights Reserved.